英国留学--イギリスで英語を勉強しませんか--留学体験談

20歳女性。12月から2月にかけて、クリスマス時期をはさみ、イギリス各地の3校へ通い、合計9週間滞在。

イギリス留学経験者の感想
2015年2月終了者

 

1. 年齢、性別、留学前の職業

 20歳 女 大学生

2.学校名及び期間

 Liverpool school of English
 Edinburgh language center
 St.peters

3.予算(お小遣いを含む)

 飛行機代 10万
 移動費・通学費 4万
 食事・日用品 6万
 国内旅行 4万
 ヨーロッパ旅行 5万
 学費・滞在費 60万
 今回総額で90万ほどです。

4.留学の目的、及びなぜイギリスを選んだか?

 アメリカには行ったことがあるが天候が好きではなかったこと、特にイギリスでは太陽があまり出ないことが気に入っていた。
 幼いころから、イギリスの文化や歴史に触れてみたいとずっと憧れていて城跡や美術館巡りがしたかったため。

5.最終的にその学校を選んだ理由

 Liverpoolの学校は安く評判が良かったため。
 ELCはクリスマス期間中も開校していたため。
 St.petersはユーロ圏への移動が楽な地方にあり値段も安かったため。

6.学校及びステイ先とイギリスでの生活のついての感想

 学校の詳しい体験談については前回お送りさせていただいたので省略します。
 ※ニチアイ注 3校中最初の2校の学校別体験談については、各学校のページに掲載していますので、次の学校のページをご覧下さい。 → リヴァプール エディンバラ

 Liverpoolは本当に天候が変わりやすく、晴れの日は極端に少なかったように思います。治安はとてもよく、バス停などでは挨拶を見知らぬ人と交わすことも多かったです。この町は元気に歩く老人の姿が街中で多くみられ、物騒だ、労働者の町だ、などと聞くような風景とは180°違うほのぼのとしたようなものでした。物価も安く、学割が使える喫茶店や£2でチップスとパニーニとドリンクがセットで買える店など、貧乏学生にはありがたい町でした。ステイ先は何十年と受け入れていて、奉仕活動にも熱心な素敵なおばあさんとの生活で、とても楽しかったです。

 Edinburghは緯度が高いせいか気温は低くても、真っ青な空がみられる日が多く、同じ国内でもこんなにも違うものかと驚きました。Scotlandは歴史も古く城跡が至る所にある国なので、毎週の旅行がとても楽しかったです。大晦日のお祭りはとても楽しかったのですが、クリスマス期間中の授業の浮かれ具合にはついていけず、クリスマス期間中にこの学校に来たことには本当に失敗だったと思いました。見どころあり、大きなショッピングストリートもあり、夜までパブやクラブがやっているので飽きない街でした。ホームステイ先は思春期の娘さんがいるご家庭だったため、口論の声が聞こえてくることも多く家にいずらく、家族の時間を邪魔する気にもなれず、交流はほぼありませんでした。最後の一週間で娘さんを置いてお父さんお母さんが旅行に行ってしまい、食事ががらっと変わってしまい、毎日おなじようなもので、娘さんだけ違うものを食べているという形になったのが不満でした。旅行に行ったことは学校は知らなかったようなので、ビジネスライクな面を垣間見たような気がします。

 Canterburyはロンドンから電車で一時間の小さな町でした。学生の姿が多く、道はごみが落ちていない綺麗な町でした。今年は珍しく雨が多かったようですが例年はイギリスの中では天気のいい日が続く地域だそうです。英語の発音がとてもゆっくりで綺麗で聞き取ることに何の苦労もいりませんでした。学校は日本人とイタリア人スペイン人で占められていて、はっきりいっておすすめしません。一つ目のステイ先が相当に酷かった分、移動先は本当に素敵なご家族で、本当に家族の一員になったような感覚で過ごしていました。嫌なことはもっと早めに抗議してしまえばよかったと心から後悔しました。今でもこのご家族とは交流があるので、前の滞在先でたくさん泣かされたことも、今思えばこのためなのかなぁ、と思います。

7.週末の過ごし方

 Rail card というものを購入し全鉄道料金が1/3になる割引を使って毎週小旅行に行きました。格安航空を使ってCanterburyからEdinburghにも行きました。 ただCanterburyではホームステイ先が大変居心地よく、めったに外に出ませんでした。

8.留学中困った事、及び良かった事

 困ったことも良かったこともたくさんありました。 Liverpoolで一番最初に困ったことは、イギリス英語が聞き取れないということでした。特にこの地域は独特ななまりがきつかったです。あと、ここはバスの最終が早かったので、たまにタクシーで帰ることもあったのでそれが不便でした。 Edinburghは朝4時までバスが通っているので、思う存分友達と夜の町に繰り出すことができました。 それと、円安だったのが最も困ったことです。
 留学中特に良かったことはなんといっても世界中に友達ができたことです。とても素敵な出会いと別れがたくさんあり、これからも交流が続いていくと思います。 また、UKの大学に進学を考えている友人や、それを進めてくださった先生もいて、自然とそれを目指してみようと思うようになったので、私の人生の大きな転換期になったとおもいます。

9.その他感想又はこれから留学する人へのアドヴァイス

 日本にいるときによく、英語も儘ならない状態で留学に行っても何も身につかないということを聞きました。私の周りの人や家族でもそういったことを言ってきた人がいます。行く前は少し不安もありましたが、行った次の日からはどうしてもっと早く決断して来なかったのかと思いました。何も身につかないなんて言うのは、行ったことが無い人か、あまりにも環境適応能力が無い人の言葉ではないかと思ったくらいです。私は驚くほどすぐに環境になじめ、多くの素晴らしい友人に恵まれました。彼らは国籍、言語も経歴も考え方も全く違います。それでも、過ごす日々は毎日穏やかで、新たな発見ばかりでした。彼らには尊敬の念を持つばかりでした。日本人は学生うちにいっておけ、という風潮がありますが、イギリスにいてそのような凝り固まった考えの人などいませんでした。夫婦や親子で学ぶ人、教授、医師、会社員、進学を目指す10代の学生たち・・・などなど、本当に職種も年齢も宗教も様々でした。みんな学ぶことに貪欲で授業を受ける学生としてそこに大きな違いはありませんでした。それに、日本にいた時は毎日化粧や服装に気を使って疲れていましたが、そんなものに気を使う必要ありません。ただ心からの笑顔でいることで、みんなに幸せそうだね、楽しそうだねって言ってもらえました。
 言葉がすんなり通じるような頼る人がいない中、それでも何の問題も無く生活ができ、またこの後何年もこの国で過ごしたいと思えるような3カ月弱でした。 もし迷っている方がいるなら、あれこれ考える前に行ってしまう方がいいかなと思います。

10. ニチアイへの印象及び対応についての感想、ご意見

 とても簡単に安心して留学することができたのは、ニチアイさんのおかげだとおもいます。留学について困った些細なことでも、尋ねれば何でも答えて頂けました。手数料は無料なのに、この安心感はとても心強かったです。ただ、メールでのやり取りだけだったので、すぐに回答が欲しいとおもっても週末を跨げば何日かかかってしまったり、すれ違うこともありました。そこは手数料無料のため仕方ないことではあると思いましたが、不安なときもありました。 しかしもし利用していなかったら、トラブルにあったとき、学校にいくら抗議しても言葉も通じないし、信じてもらえるのかわからないので、利用して損は絶対に無いと思います。
 ニチアイさん、本当にお世話になりました、ありがとうございました。また利用させて頂きますので、宜しくお願いします。


エディンバラ・ランゲージ・センター の他の体験談を読む -->> 37歳女性・2016年2月〜5月 28歳女性・2011年9月〜10月 20歳女性・2004年3月

このページのトップへ戻る
「イギリス留学経験者の感想」フロントページへ戻る

イギリス留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
2005年1月1日から
(c) Copyright 1998-2018 Nichiai Ltd